H2C エイチツーシー 希望者のみラッピング無料 リアキャリア ブラック 最大積載量3kg モンキー125 APK0FAJ81200TA 18-21 4477円 H2C(エイチツーシー) リアキャリア ブラック 最大積載量3kg モンキー125(18-21) APK0FAJ81200TA 車&バイク バイクバッグ・ケース キャリア リアキャリア,最大積載量3kg,車&バイク , バイクバッグ・ケース , キャリア,ブラック,H2C(エイチツーシー),/reversedly159778.html,4477円,vlog.drruby.academy,APK0FAJ81200TA,モンキー125(18-21) H2C エイチツーシー 希望者のみラッピング無料 リアキャリア ブラック 最大積載量3kg モンキー125 APK0FAJ81200TA 18-21 リアキャリア,最大積載量3kg,車&バイク , バイクバッグ・ケース , キャリア,ブラック,H2C(エイチツーシー),/reversedly159778.html,4477円,vlog.drruby.academy,APK0FAJ81200TA,モンキー125(18-21) 4477円 H2C(エイチツーシー) リアキャリア ブラック 最大積載量3kg モンキー125(18-21) APK0FAJ81200TA 車&バイク バイクバッグ・ケース キャリア

H2C [再販ご予約限定送料無料] エイチツーシー 希望者のみラッピング無料 リアキャリア ブラック 最大積載量3kg モンキー125 APK0FAJ81200TA 18-21

H2C(エイチツーシー) リアキャリア ブラック 最大積載量3kg モンキー125(18-21) APK0FAJ81200TA

4477円

H2C(エイチツーシー) リアキャリア ブラック 最大積載量3kg モンキー125(18-21) APK0FAJ81200TA

商品の説明

商品紹介

H2Cはタイ AP.HONDAのアクセサリーブランドです。
個性的でカラフルなアイテムで、貴方の愛車をカスタマイズ。
ビレットパーツやグラフィック系パーツ等、ラインナップも豊富です。正規輸入商品です。

使用上の注意

※トップケースは使用しないで下さい。
海外輸入品のため若干の小キズや色あいの異なる場合がありますのでご理解の上、ご購入をお願い致します。
小キズ、色あいの異なりによる返品はお受けできません。

H2C(エイチツーシー) リアキャリア ブラック 最大積載量3kg モンキー125(18-21) APK0FAJ81200TA

値段も安いし品物もよいです。塗装が結晶塗装?つるつるでなくガザガザのような錆に強そうな塗装と太いパイプでの構成でできていました。取付に関しては、他の方も言われる通りテールランプのネジを外してずらす必要があります。これをするためには、フェンダー裏のプラスネジ2本とプラスチックのピン2本を外しカバーをのけるとテールランプ固定のネジ’3本が出てきます。(ボックスの10というサイズのネジです。)
ちゃんと取り付け位置も穴の位置も合っていて簡単に取り付けできました。 テールランプ等、何も取り外さなくても、キャリアをねじる感じでひねれば取り付けられます。
物自体の精度は優れていて、問題なく取り付け出来ました。しかし、付属部品のM8x20、二本とワッシャx2枚が同梱されて無く、余計な手間とお金が掛かりました。
塗装表面の質感が予想通りでした!ザラザラの艶消し黒でとても良い。ダサいはずのキャリアがなんかカッコよく見える。艶あり黒やメッキだと配達用に見えるしアルミだとリヤボックス用の買い物バイクに見えてやっぱりダサいんもんね。取り付けも簡単、①サスペンションのナットと小ワッシャーを外す ②キャリアを半回転させながらフレームとテールランプの隙間から入れる ③フレーム側のスクリューボルト2本とサスペンションナットを締めて完了

音楽に関することを中心に、音楽理論や作詞・作曲・編曲・DTMのコツ、機材レビュー、楽器上達法などを紹介するブログサイトです。

  • 2021年11月18日

OneOdio『Monitor 60』コスパ良しのハイレゾ・モニターヘッドホン。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はモニターヘッドホン、OneOdioの『Monitor 60』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 装着感が気持ちいい! 特 徴 レコーディングスタジオ向きのモニターヘッドホン。 高解像度の高品質認証を取得。 50mm […]

  • 2021年11月12日
  • 2021年11月13日

マンフィルター マツダ_アクセラ(BM)/アテンザ(GJ)/CX-5(KE) FP24009

こんにちは。マサツムです。 今回はハモンド・オルガン・ソフト音源、IK Multimediaの『Hammond B-3X』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 音を出すたびにうれしくなる気持ち良さ! 特 徴 ソフト音源で「Hammond B-3」を完 […]

  • 2021年11月5日
  • 2021年11月5日

『Amplitube 5』音色がかなり良くなった!最高峰のアンプシミュレーター。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はアンプシミュレーター、IK Multimediaの『Amplitube 5』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 「Amplitube 4」が改良された、スーパーAmplitube! 特 徴 有名ブランド&アーティス […]

  • 2021年10月29日

DTM音楽用語辞典178「リニアフェイズEQ」とは?

こんにちは。マサツムです。 音を作る時に一番使われるエフェクターはイコライザーです。 キャラ作りやローカットなどのフィルターの代わりや微調整などなど、いろんな用途で使われます。 タイプがたくさんあるEQの特性を知ることは、すごくDTMのミックスに役立ちます。 その中でも今回は、使い方を知るとワンラン […]

  • 2021年10月14日
  • 2021年11月2日

T-RackS『Space Delay』名機のアナログ・テープ・エコーを完全モデリング。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はアナログ・テープ・エコー、IK MultimediaのT-RackS『Space Delay』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 アナログ・テープ・エコーといえば、を完璧に作ってくれた! 特 徴 テープ・エコーの名 […]

  • 2021年10月11日
  • 2021年11月2日

T-RackS『Tape Machine Collection』テープ・マシン・サウンドを知りたい人の必須アイテム。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はテープ・マシン・シミュレーター・バンドル、IK MultimediaのT-RackS 5『Tape Machine Collection』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 好みのビンテージサウンドが見つかる! 特 […]

  • 2021年10月6日
  • 2021年11月2日

『T-RackS Sunset Sound Studio Reverb』ワクワクするレコーディング・シミュレーション・ツール。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はコンボリューション・リバーブ、IK MultimediaのT-RackS 5『TR5 Sunset Sound Studio Reverb』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 名盤を作ってきたSunset Soun […]

  • 2021年9月30日
  • 2021年11月2日

T-RackS 5『TR5 Comprexxor』音がキレイに気持ちよくまとまる、万能コンプレッサー! 使ってみた・使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。 今回はコンプレッサー、IK MultimediaのT-RackS 5『TR5 Comprexxor』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 オールマイティに使えるアナログ・コンプ! 特 徴 ビンテージ・コンプの定番『EMPI […]

  • 2021年9月25日
  • 2021年11月2日

『SampleTank 4』DTMer必須のマルチ総合音源。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はマルチ総合音源ソフト、IK Multimediaの『SampleTank 4』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 一番よく使うマルチ総合音源! 特 徴 膨大な音源が収録されている人気のマルチ音源シリーズ。 ソフト内 […]

  • 2021年9月16日
  • 2021年11月2日

『Lurssen Mastering Console』これは感動もんです。最強のマスタリングツール。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はマスタリング・ツール、IK Multimediaの『Lurssen Mastering Console』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 早くも、これ無しではマスタリングが不安になる! 特 徴 簡単に最高の調整が […]