ベン ハー 特別版 DVD 2枚組 限定モデル 1252円 ベン・ハー 特別版(2枚組) [DVD] DVD 外国映画 ドラマ 1252円 ベン・ハー 特別版(2枚組) [DVD] DVD 外国映画 ドラマ ベン ハー 特別版 DVD 2枚組 限定モデル 特別版(2枚組),/chloroplatinite1888945.html,[DVD],DVD , 外国映画 , ドラマ,vlog.drruby.academy,ベン・ハー,1252円 特別版(2枚組),/chloroplatinite1888945.html,[DVD],DVD , 外国映画 , ドラマ,vlog.drruby.academy,ベン・ハー,1252円

ベン ハー 特別版 DVD キャンペーンもお見逃しなく 2枚組 限定モデル

ベン・ハー 特別版(2枚組) [DVD]

1252円

ベン・ハー 特別版(2枚組) [DVD]

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

"アカデミー賞史上最多の11部門受賞を果たした傑作史劇の2枚組ニューデジタルマスター仕様の特別版。“WHV スーパー・ハリウッド・プライス 1,500円 アカデミー賞キャンペーン”。"

内容(「Oricon」データベースより)

紀元1世紀のローマ帝国を舞台に、エルサレムの豪族の息子“ベン・ハー”がたどる数奇な運命を描いたスペクタクル大作。

ベン・ハー 特別版(2枚組) [DVD]

昨年イタリーに旅行して、その長い歴史と建造物の偉大さに圧倒され、のち、古代ローマへの歴史的興味を抱くようになりました。 どのような社会や思想的世界からキリスト教が生まれたのか、興味深く見ました。 あの頃は、戦争に負けることは即ち奴隷としての人生を意味していたから、それこそ命がけに生きていたことでしょう。そして、いにしえの昔から友情と裏切り、親子の愛と思いやりの形、は変わりなく、更に人生をかけた真剣なものであったのだと思いました。 学ぶことは多く、イエス・キリストの流された血によって、現代の私たちにも大きな恩恵がもたらされたこと。その教えが人類の遺産として、最も大きいものであることを実感しました。
私の一番大好きなこの映画を日本語音声で鑑賞したくてこの商品を買いました。ところが日本語音声で見ている途中、突然音声が英語に代わるシーンがいくつもあります。俳優が感情をこめて日本語の台詞を話すのを聞きたかった私はとても興ざめしました。またいつ台詞が英語になるのかと気にしながら見続けて、集中できず感情移入できない映画鑑賞となってしまいました。期待はずれで台無しとまでは言いませんが、感動も半減でとても残念です。こういう不完全な日本語音声ならば、商品の説明にきちんと明記しておいてほしいです。私は騙されて買ったような気がしました。私はレビューを、特に批判的なコメントなどを書いたりはしたことはなかったのですが、自分の様な思いをする人が今後現れないように、書き込みさせていただきました。どうかご容赦ください。
今さら賛辞を述べ立てるのも野暮の極みの、映画史的な名作であるのは言うまでもないですな。勿論ハリウッドを牛耳るユダヤ資本の紐付きとか、いかにもキリスト教原理主義的とかの決まり切ったいちゃもんは耳タコですが、何より「堂々四時間!」(公開当時のコピー)の長尺を感じさせない充実は疑う余地なし。なので記憶の隅っこに貼り付いてるエピソードをば幾つか。封切りの数ヶ月前から、配給会社の宣伝担当責任者はあの手この手の戦略を練ったとやら。何でも部下に「息を吸う時は『ベン』、吐く時は『ハー』と言え!」などと訳の分からんお触れを出して発破をかけたとか。また街で会う人ごとに「『ベン・ハー』って知ってますか?」と訊き続け「便秘薬ですか?」などと言われてクサりつつも公開3ヶ月前にようやく「あぁ、今度来る映画でしょ?」と返され快哉を叫んだとか。いや涙ぐましいことで。それでも公開直前の今はとうに無い銀座一丁目のテアトル東京(日本一の映画館でした)でのチャリティー試写会に昭和天皇と香淳皇后が来臨され、休憩時間に別室でお茶を召し上がるために退出された際、ロビーでプロモーションのため来日中の主人公ジュダ・ベン・ハー役のチャールトン・ヘストンが直立不動でいるのに気が付かれ、天皇から歩み寄り握手を求められた時に宣伝担当は胸を熱くしたと。さぞや感慨無量だったのでしょう。などとさもその場に居合わせたかのように語ってますが、当方実は高二だった'73年のやはり今は無い新宿プラザ劇場でのリヴァイヴァル上映が初見だったのですよ。それでも「アラビアのロレンス」などと同様、長さを意識させない縦横斜めいずれにおいてもの充実は明らかで、とりわけ作劇中のクライマックスである戦車競走の後、仇敵メッサラへの復讐を果たしながらも母と妹の置かれた苛烈な境遇を知らされ、生きる意味すら見失いかけた主人公が一筋の光明たる信仰に目覚めラストの奇蹟へと至る過程こそが本作の最大の眼目ではないでしょうか。本作でオスカーに輝いたヘストンとアラブ族長のヒュー・グリフィスの二人は勿論、クインタス・アリアスのジャック・ホーキンスに母ミリアムのマーサ・スコット、TV「ベン・ケーシー」でもお馴染みサム・ジャッフェに無名時代のジュリアーノ・ジェンマまで脇役も万全ですが、エスターのハイヤ・ハラリートと妹ティルザのキャシー・オドネルがその後の出演作に恵まれなかったのは残念。メッサラのスティーヴン・ボイドも「ミクロの決死圏」など幾つか印象的な作もあるものの、早世したのが惜しまれます。ミクロス・ローザ(ロージャ・ミクローシュ)の音楽も極めて秀逸な出来と感じます。古代ヘブライのイディオムを効果的に使い、重厚なオーケストレーションで再現した仕事は、この時代のハリウッド大作の指針となった一本かと。「序曲」冒頭など、昨今でもTVのバラエティ番組でちょくちょく耳にしますし。もちろんローマのチネチッタ撮影所に設えた巨大なオーブンセットで撮影された戦車競走のシーンの迫力たるや、空前にして絶後のものでしょう。昨今のCGでお手軽に創り上げたありきたりな代物とは、そもそも志(こころざし)からして比較にならんのですよ。また巨匠ウィリアム・ワイラーとしても、やはり第一に指を屈するべき秀作ではないでしょうか。小品から本作のような大作まで幅広い活躍をした職人的手腕に長けた監督ですが、いずれにもその確かな足跡を感じる点、やはりハリウッドを代表する存在だったと今更ながら認識させられます。近年ルー・ウォーレスの原作から離れた後日談的続編も製作され、さらにはリメイクもありましたが当たり前ながら共にわが国ではお蔵入りで。まあサイレント期の前作はともかく、本作があれば蛇足は無用ということでしょう。戦車競走のスペクタクルのみならず、骨太の人間ドラマとして評価されるべき名作と改めて信じるものであります…。追記。'21年2月3日。本作でエスターに扮したハイヤ・ハラリートが逝去されたとのこと。イスラエル出身の美貌の持ち主でしたがこれ以降は出演作品も多くなく、「華麗なるギャツビー」などの監督ジャック・クレイトン夫人として添い遂げたとのこと。R.I.P.(ご冥福をお祈りします)
ベン・ハー 製作50周年記念リマスター版(2枚組) を購入。1959年のハリウッド超大作映画。アカデミー賞の11部門で受賞した伝説的な映画です。戦車レース(四頭立ての馬車)のシーンは今見ても圧巻の迫力。展開が冗長だったり、細かい部分で少し粗が見えてしまうところもありますが、それを差し引いても映画史に残る作品である事は間違いありません。ただ、個人的に残念だったのは日本語吹替え部分。今回、購入したバージョンは主役のチャールトン・ヘストン(ベン・ハー)の声が納屋悟朗さんではなく、磯部勉さんでした。昔、テレビで十戒やベン・ハーを見ていた世代としては、やはり、チャールトン・ヘストンの声は納屋悟朗さんのイメージがついてしまっています。ただ、磯部勉さんもハリソン・フォードやトミー・リー・ジョーンズの吹替を長らくやってらっしゃる方で、実力は折り紙つき。このキャスト変更については、大きな違和感はありませんでした。しかし、わざわざオリジナルの吹替えと違う声優さん達で新たに吹き替えているのに、所々で英語音声&字幕になるのはどうかと思います。シーンによっては、吹替えと字幕の切り替えがブツ切りレベルで切り替わるのでシラけてしまいます。しかも、日本語吹替えでベン・ハーは「ユダ」と呼ばれていますが、字幕になると「ジュダ」と呼ばれるなど、統一がされていません。この辺は、すごく違和感がありました。少しは見る立場になって製作してほしいもんです。こういった部分の整合性はしっかりしないと、興ざめしてしまいます。

新着マニュアルページ一覧