821円 トロイ [DVD] DVD 外国映画 アクション 821円,/besaiel1888934.html,トロイ,vlog.drruby.academy,DVD , 外国映画 , アクション,[DVD] トロイ 商品 DVD 821円 トロイ [DVD] DVD 外国映画 アクション トロイ 商品 DVD 821円,/besaiel1888934.html,トロイ,vlog.drruby.academy,DVD , 外国映画 , アクション,[DVD]

トロイ 商品 DVD 大特価!!

トロイ [DVD]

821円

トロイ [DVD]

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

古代ギリシャで実際に起きたと言われる「トロイ戦争」を、ブラッド・ピットの主演で壮大に描いたスペクタクルアクション。“「300」公開記念『トロイ』キャンペーン”。

内容(「Oricon」データベースより)

たった一つの愛が戦いを引き起こした。運命のため、愛のため、名誉のため…それぞれの思いで、男たちは命を懸けて戦地へと向かう。ブラッド・ピットが3年ぶりの主演を果たした歴史スペクタクル・アクション。

トロイ [DVD]

この映画、封切りは2004年だが、そのときは見なかった。初めて見たのは数年前、テレビで、しかも部分的に。息子ヘクトルを殺して死体を引きずり回すアキレス(ブラピ)のところへ、ピーター・オトゥール演じるトロイの王が夜陰に乗じて訪れ、息子の死体を返してくれと懇願する名シーン!これが強く印象に残っていたので、プライムで見つけて昨夜見た。数日前に、「ベン・ハー」のリメイク版も見たが、この「トロイ」のほうが数段上、迫力も段違い!体がしまって生気あふれるブラピとオトゥールが特にいい。願わくば、オデュッセウスにもっと存在感があればよかったのだが、無い物ねだりは止めておこう。ギリシアやローマ時代の「肉弾あいうつ」戦闘シーン、信じられんほど多数の戦士たちの戦闘シーンは文句なしに迫力がある。現代映画の「特撮」多用のごまかしで忘れかけている「活劇の本道」が見られて満足した!
ブラット・ピットの肉体美と殺陣の技術を楽しむ作品。内容はそこまで良いわけではないです。物凄くオススメできるわけではないけれど、誰かと映画観て過ごすときなどは、良い作品(過度な暴力や性描写もなく、それなりに盛り上がりある)なのかなぁと思います。アキレスという作品名のほうが良かったような気がしました。蛇足ですが、本作品のエンディングテーマを、ロシアのフィギュアスケーター、マカール・イグナトフという選手が2019−2020シーズンのフリープログラムで使用していました。それがなけれは、観ることもなかったです。イグナトフ選手はとても美しいジャンプを跳ぶ王道タイプのスケーターだと思います。長身(184センチ)でルックスも良くて曲の雰囲気に合っています。数少ない4回転ループを跳ぶ選手です(他にコンスタントに組み込んでいるのは羽生選手くらい)。もし良かったら観てみてください。(ロシア国内の男子では4〜5番手位の立ち位置です)
「イーリアス」が好きなので、この映画が公開された直後に映画館で見た。第一印象は、これは多国籍軍によるアフガン報復戦争やイラク戦争の風刺だというもの。実際、公開はイラク戦争終結翌年の2004年である。イーリアスではトロイの王子パリスのスパルタ王妃ヘレナの誘拐への報復と神々の嫉妬がトロイ戦争の原因となっているが、実際のトロイ戦争は交易で豊かなトロイの富をギリシャ都市国家連合が征服して略奪した覇権戦争だった。アフガン、イラク戦争も報復と大量破壊兵器所持を口実にした中東地域の覇権戦争にほかならなかったことが今では明らかだ。この映画では、ギリシャ都市国家の盟主アガメムノンの醜い覇権の意図とそれに従わされるオデュッセウスほかの諸王の関係が、アメリカに追随させられる西欧諸国の姿を彷彿させる。ただ、映画の出来栄えはさすがハリウッド的な大スペクタクルで見応えがある。特に、ブラッド・ピットのアキレスが素晴らしい。スタローンやシュワルツェネッガーのような筋肉美でなく、引き締まった肉体で素早く華麗な太刀さばきを見せてくれる。イーリアスの物語には有名な木馬の計略はなく、アキレスがヘクトルを倒し、その遺骸を父プリアモス王自らが引き取りに現れる感動的な場面がクライマックスとなっている。この映画でもその点は同じであり、木馬の場面以後は観客サービスのおまけにすぎない。イーリアスと異なる細部は映画的脚色であり、元々史実でない以上、批判にはあたらない。
あれだけの人数を一つの映画の中に収めるハリウッド映画の規模のデカさにまず衝撃を受けた。武力と権力の争いが絶えなかったあの時代でも核となる部分には「愛」が関わってくる。一国の王子が敵国の人妻と夜逃げするというツッコまずにはいられないようなきっかけで戦争が始まってしまうのだが、このきっかけも馬鹿には出来ないなと映画が進むにつれて思うようになった。この人を愛せば何人もの人が犠牲になることが分かっていながらも愛し続ける事の半端じゃない王子の覚悟には尊敬の念すら覚える。最終的にはスパルタの英雄アキレスでさえもトロイの巫女と愛を確かめ合うことになる。ここから考えられることは「愛する」という事に敵も見方も関係ない、なんなら2人のこと以外は意に返さないような強い意志が見られた。いつ死ぬか分からない状況だからこそ互いを信じることが出来るのかもしれない。ひとつ確かなことは、明日にでも尽きるかもしれない自分の命を、どうでもいい人とのために費やす事など有り得るはずがないということだ。愛することは信じることだと教えてくれたような気がした。少し気になったところがあるとすれば、よりリアルを追求した結果なのかもしれないが、戦闘シーンのカッコ良さがいまいち伝わってこなかった気がする。ただ、162分を費やした事に1ミリも後悔はない。

最近の記事

今、巷で話題のライブハウス

ページ上部へ戻る