12862円 ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc) DVD TVドラマ 日本のTVドラマ ゴーストママ捜査線,12862円,Disc),DVD , TVドラマ , 日本のTVドラマ,Blu-ray,僕とママの不思議な100日,/mineralize51203.html,BOX(Blu-ray,vlog.drruby.academy ゴーストママ捜査線,12862円,Disc),DVD , TVドラマ , 日本のTVドラマ,Blu-ray,僕とママの不思議な100日,/mineralize51203.html,BOX(Blu-ray,vlog.drruby.academy 情熱セール ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 Blu-ray BOX Disc 12862円 ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc) DVD TVドラマ 日本のTVドラマ 情熱セール ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 Blu-ray BOX Disc

情熱セール ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 激安 Blu-ray BOX Disc

ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)

12862円

ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)

商品の説明

内容紹介

主人公は、お母さんであり、警察官、そしてなんと……ユウレイ! !
連続ドラマ史上初! ? ユウレイが主人公の笑って泣けるファンタジー・ホームコメディ

2013年 1月 23日発売
●DVD-BOX:18,060円(税込)
6枚組(本編5枚+特典1枚)/本編約460分+特典映像/片面1層・2層/カラー/ステレオ
/ドルビーデジタル/16:9ビスタサイズ/日本語字幕(本編のみ)
●Blu-ray BOX:23,100円(税込)
6枚組(本編5枚+特典1枚)/本編約460分+特典映像/片面1層・2層/カラー/ステレオ
/リニアPCM/16:9lt;1080i High-Definitiongt;/日本語字幕(本編のみ)
【DVDamp;ブルーレイ特典ディスク収録内容(予定)】
PR番組
キャストインタビュー
PRスポット ほか
【DVDamp;ブルーレイ封入特典(予定)】
オールカラーブックレット(24P)
※内容・仕様等は変更になる場合がございます。

【STORY】
ある日突然、ユウレイになってしまった主人公が、弱虫な息子と力を合わせて様々な事件や騒動を解決していくファンタジーホームコメディ。
警察官の上原蝶子(仲間由紀恵)は、夫の航平(沢村一樹)、娘の葵(志田未来)、息子のとんぼ(君野夢真)と幸せに暮らしていたが、
火事の現場で逃げ遅れた子供を助け自分は命を落としてしまう。
それから3か月たったある日、とんぼが蝶子の形見のメガネをかけると、目の前に蝶子が現れる!
「あのね、お母さん、ユウレイになったみたいなの」……。とんぼのことが心配な蝶子は、ユウレイとなってこの世に残ってしまったのだ。
「お母さんのメガネをかけると、僕にだけお母さんが見えるんだ! 」と喜ぶとんぼ。
こうして、ユウレイの母・蝶子と弱虫な息子・とんぼの不思議な生活が始まった!
lt;出演gt;
上原 蝶子 仲間 由紀恵

上原 航平 沢村 一樹

上原 葵 志田 未来

上原 とんぼ 君野 夢真(子役)

吉永 美波 芹 那
長谷川淳也 真田 佑馬(ジャニーズJr.)

高倉 太 塚地 武雅(ドランクドラゴン)

三船 義光 生瀬 勝久

lt;スタッフgt;
原作:佐藤智一「ゴーストママ捜査線」(小学館ビッグコミックス)
脚本:梅田みか 阿相クミコ 横田理恵 松田裕子
音楽:菅野祐悟
チーフプロデューサー:大平 太
プロデューサー:加藤正俊 森 雅弘
演出:佐藤東弥 大谷太郎 西野真貴 森 雅弘
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ
(c)NTV (c)佐藤智一/小学館

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

仲間由紀恵主演によるファンタジーホームコメディのBOX。警察官の上原蝶子は、火事の現場で逃げ遅れた子供を助け、自分は命を落としてしまう。それから3ヵ月後、息子のとんぼが蝶子の形見のメガネをかけると目の前に蝶子が現れ…。全9話を収録。

ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)

 「『ごくせん』のチームが作ったドラマ」という触れ込みだったけど、この『ゴーストママ捜査線』は少なくともさいごのほうの『ごくせん』よりは面白かったと思う。 終盤の『ごくせん』はひどいものだった。 だからごくせんチームの作品と聞いた時は少し心配したけれど、そんなことはなかった。 派手なアクション、殺陣のシーンはなかったけれど、面白かったと思う。  とんぼと蝶子のふれあいのシーン、とんぼの成長ぶりを感じるシーンはよかった。 たぶん24時間テレビのせいで回数が短縮になたのだろうけど、もう少し長く広げてみてもよかったのではないと思う。 放送期間中見ていなかった人には是非お勧めしたい。
息子トンボ君のために幽霊になってまでこの世に残った蝶子さん。仲間由紀恵さんは、実際は独身とは思えないぐらい、お母さん役(蝶子さん)が、ぴったりはまっていて見ていて楽しくそして泣ける作品でした。 ラストシーンの蝶子さんが天に召される直前に、愛する夫や子供たちに残した言葉には本当に涙が出ました。 作品の性質上パート2の作成は無理でしょうが、DVD大切に保存して、時折観ては泣き笑いをしたいと思います。 親子のきずなの大切さを思い知らされた作品でした。
仲間さんや沢村さん、生瀬さんの配役を見るとごくせんを思い起こさせます。1シーンだけですが脇さんなども出演してます。毎週欠かさず視聴してましたが、オリンピックや24時間テレビで放送間隔が空かなければよかったと思いました。そのせいかとんぼ君の成長がはやすぎるように感じたのは私だけでしょうか?
1話目から、主人公である上原蝶子(仲間由紀恵さん)が亡くなるところから始まり、家族が悲しんでるシーンでは、本当に泣けました。幽霊として残ってしまいますが、その後のやり取りでも、蝶子が亡くなる前に、とんぼ君が、「大嫌い」と言ってしまったことを謝るシーンは、本当に泣けます。子供を持つ母なので、特に感情移入してしまうのでしょうが…本当にイチイチ泣けます。そして、笑えます。思い出しても、泣けました。
編集部からのお知らせ
新着、記事まとめPDF「DX新局面」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
製品解説 「DJI Mavic 3」開封--大幅に進化した新型ドローン
特集・解説 「量子コンピューター」バブルへの懸念--誇大宣伝や過度の期待が抱えるリスク
クライアント ヘッドセット「Jabra Evolve2」新製品に見るオンライン会議での音質問題の勘所

News from ZDNet Worldwide

本国アメリカのZDNetが発信する海外最新IT動向やテクノロジトレンドに関するニュースを毎日発信!

企画特集 PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]