1923円 The Asylum Years ミュージック ブルース・カントリー カントリー The 未使用 Asylum Years 1923円 The Asylum Years ミュージック ブルース・カントリー カントリー The 未使用 Asylum Years Asylum,1923円,vlog.drruby.academy,/inevadible1864884.html,Years,The,ミュージック , ブルース・カントリー , カントリー Asylum,1923円,vlog.drruby.academy,/inevadible1864884.html,Years,The,ミュージック , ブルース・カントリー , カントリー

販売 The 未使用 Asylum Years

The Asylum Years

1923円

The Asylum Years

商品の説明

内容紹介

2006 two CD compilation from this under-rated Folk artist containing both albums she recorded for the then-fledgling Asylum Records label (Judee Sill from 1971 and Heart Food from '73) plus 19 bonus tracks between the two albums. Sill was a truly natural talent and her songs held deep and often spiritual meaning that amazed many of her Folk contemporaries like Graham Nash, with whom she was close with in the early '70s. Sill dropped out of the music scene shortly after the release of Heart Food, dying of a drug overdose as the '70s came to a close. This collection combines both Expanded Versions of her albums, originally issued in limited quantity by Rhino Handmade in 2004.

Product Description

UK Collection of the Acclaimed Seventies Singer / Songwriter's Elektra Recordings and Rarities. Her Two Beguiling Albums Are Here with Numerous Outtakes, Demos and Live Performances. "Judee Sill" Has 10 Additional Tracks, Including "The Pearl" and "The Phoenix", Left off in Favor of "Jesus was a Cross Maker" plus Its Demo, One of her Best Known Songs. The Rest were Recorded Live at Boston Music Hall in 1971 by Bill Halverson, Concurrently as He Recorded the Headliners David Crosby and Graham Nash. Nash Produced "Jesus was a Cross Maker". "Heart Food" Adds the Previously Unreleased Outtake, "The Desperado" Along with Eight Solo Demos, Recorded in Hollywood.

The Asylum Years

ある程度の音楽ファンなら誰にでも“わかっちゃいるけど買ってない”シリーズ―というのがあるのではないかと思う。私にとってのジュディ・シルは、いつもその筆頭だった。なぜか。イーグルスやリンダ・ロンシュタット、ジャクソン・ブラウンなどのいわゆるウェストコーストロックで有名なアサイラムレーベル。私はこのレーベルが結構好きで、彼女はそこの第一号アーティストなのだが、どうもカラーが違うと感じていた。私が(勝手に)アサイラムに抱いていたイメージというのは、乾いたロスアンジェルスの土であり、爽やかな風であり、夕暮れ時のテキーラという“ならず者”の世界であった。その裏にあるのは60年代に幻として終わった連帯からの解放である。個人的な傷を負ったり、ほろ苦い思いをした人びとは、この“避難所(Asylum)” に心身を委ねた。そしてその音楽は西部開拓者に代表するノスタルジーと重ねて癒したり吹き飛ばしたりする役割を果たした。いっぽうジュディ・シルの音楽がもつ印象はもっと複雑で繊細だ。開拓者の郷愁に頼るのではなく、パーソナルな力で傷を癒し罪を許すと同時に彼女もまた傷を負うような、そんなイメージである。これもまた、彼女の夭折を既に知っている者の先入観に過ぎないのかもしれないが、ジャケットの彼女の写真は、どれもがそう思わせるに十分だ。この2枚組は彼女がオフィシャルにリリースした、たった2枚のアルバムにボーナストラックをたくさん追加した盤である。バッハの教会音楽に影響を受けたという楽曲は、美しい旋律をたたえつつ、思いのほかキャッチーだ。トータルな繊細さ、優しさの点で際立っており、その儚さが聴くものをとらえてやまない。本来アサイラムはその名の示すように彼女のようなミュージシャンのためのレーベルを指向していたのかもしれない。しかし、こういう人はそう何人もおらず(英国にはニック・ドレイクがいるが)、結果としてレーベルとカラーが違って映るだけの事なのかもしれない、と考え直したりもした。
近年評価が高まっているJudee SillのAsylumからの2枚のアルバムをボーナストラック付で復刻したものです。2003年に米Rhino Handmadeから各5,000枚限定でネット通販されていましたが、現在は売り切れとなっています。その後2005年にWaterというレーベルから双方とも再発されましたが、そちらにはボーナストラックはついておらず、代わりといっては何ですがXTCのAndy Partridgeがライナーノーツを書いています。本商品は英国のワーナー(ライノ)からの再発となっており、2003年のRhino Handmadeと同じ音源を使用しています。1枚目が1971年の'Judee Sill'にデモやライヴ音源を追加。2枚目が1973年の'Heart Food'に未発表曲とデモ音源を追加しています。オリジナルアルバムについては今更言うこともありませんが、クロスビー&ナッシュの前座として出演したライヴ音源は本人とピアノのみの演奏ですが、非常に聞き応えのある内容になっています。結論を言えばオリジナルのアートワークにやライナーノーツにこだわらなければ、価格の面からもこのイギリス版の購入をお勧めします。
他のCDを買うためにAmazonを巡っていたところ、何だか惹かれてダメもとで購入。しかし・・・すごく、すごく、すごく切なくなる歌声、そしてすごく、すごく、すごく、泣けてくるようなメロディ。どことなく懐かしく、そして儚さが伝わってくる。大袈裟な言い方かもしれないけれど、こんなぼくでも生きることをゆるしてくれる、そういう少しの勇気が沸いてくる感じがする。
クラムボンのカバーからここに至りました。彼女の生き様を感じられる作品でした。

創造性の心理学 11|創造性のステージ理論|まとめ

こんにちは、やまもとです。 創造性について、Runco教授がまとめた書籍「Creativity」を学習しつつ内容をまとめています。 ここまでは、創造性をある種の認知プロセスと考える研究について学習してきました。その中で出 …

創造性の心理学 11|創造性のステージ理論|まとめ もっと読む »

創造性の心理学 10|弁証法的創造

こんにちは、やまもとです。 創造性について、Runco教授がまとめた書籍「Creativity」を学習しつつ内容をまとめています。 今回は、反対の視点(アンチテーゼ)を合成(シンセシス)することで創造するプロセスについて …

Jouz専用レザーケース(Jouz 20/12 対応) グレー

創造性の心理学 09|直観

こんにちは、やまもとです。 創造性について、Runco教授がまとめた書籍「Creativity」を学習しつつ内容をまとめています。 今回は、洞察(Insight)とも関連が深い直観(Intuition)についてまとめてみ …

創造性の心理学 09|直観 もっと読む »

創造性の心理学 08|専門性が洞察を阻害する

こんにちは、やまもとです。 創造性について、Runco教授がまとめた書籍「Creativity」を学習しつつ内容をまとめています。 今回は、経験や専門性と洞察の関係についてまとめてみます。 経験が洞察を阻害する 前回、「 …

創造性の心理学 08|専門性が洞察を阻害する もっと読む »

創造性の心理学 07|洞察とは何か?

こんにちは、やまもとです。 創造性について、Runco教授がまとめた書籍「Creativity」を学習しつつ内容をまとめています。 次は、「再構築(リストラクチャリング)」の話だったのですが、中々まとまりませんでした。そ …

創造性の心理学 07|洞察とは何か? もっと読む »

Pythonで探索的因子分析を自動化してみる

こんにちは、やまもとです。 心理学系の論文を読んでいると、よくリッカート式のアンケート結果に対する因子分析の結果が掲載されています。因子分析には、探索的因子分析と確証的因子分析の2種類があります。探索的因子分析は、どのよ …

犬用おやつ 素材トリーツ ササミフレーク 60g

創造性の心理学 06|独創性を生む論理的推論

こんにちは、やまもとです。 創造性について、Runco教授がまとめた書籍「Creativity」を学習しつつ内容をまとめています。 書籍の中で、論理と創造性について軽く言及した部分があったので、論理についてまとめてみるこ …

創造性の心理学 06|独創性を生む論理的推論 もっと読む »

創造性の心理学 05|インキュベーションとインサイト

こんにちは、やまもとです。 創造性について、Runco教授がまとめた書籍「Creativity」を学習しつつ内容をまとめています。 創造性のプロセスについては、こちらの記事でも書きましたが、Wallas(1926)の4ス …

創造性の心理学 05|インキュベーションとインサイト もっと読む »

創造性の心理学 04|問題解決・問題発見

こんにちは、やまもとです。 創造性について、Runco教授がまとめた書籍「Creativity」を学習しつつ内容をまとめています。 創造性の研究は、問題解決の文脈で検証が行われることが多いです。例えば、答えが定まっていな …

創造性の心理学 04|問題解決・問題発見 もっと読む »

創造性の心理学 03|変革性

こんにちは、やまもとです。 創造性について、Runco教授がまとめた書籍「Creativity」を学習しつつ内容をまとめています。 前回は、創造性の連想理論とは異なる考え方である類推思考について学びました。類推思考とは、 …

創造性の心理学 03|変革性 もっと読む »