vlog.drruby.academy,4928円,/enophthalmus50682.html,[Blu-ray],DVD , TVドラマ , 日本のTVドラマ,前略おふくろ様,Vol.1,II 前略おふくろ様 II Vol.1 舗 Blu-ray 前略おふくろ様 II Vol.1 舗 Blu-ray 4928円 前略おふくろ様 II Vol.1 [Blu-ray] DVD TVドラマ 日本のTVドラマ vlog.drruby.academy,4928円,/enophthalmus50682.html,[Blu-ray],DVD , TVドラマ , 日本のTVドラマ,前略おふくろ様,Vol.1,II 4928円 前略おふくろ様 II Vol.1 [Blu-ray] DVD TVドラマ 日本のTVドラマ

前略おふくろ様 II Vol.1 奉呈 舗 Blu-ray

前略おふくろ様 II Vol.1 [Blu-ray]

4928円

前略おふくろ様 II Vol.1 [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

≪名作ドラマBDシリーズ≫
往年の名作ドラマがお安くコンパクトに!!
ナント1話(約45分)あたり1,000円!

前略おふくろ様II
●大好評を博した前作から1年後の1976年10月15日~1977年4月1日に日本テレビ系で放送された。
今回は料亭『川波』を舞台に、板前として働くサブ(萩原健一)や、サブを取り巻く様々な人達の人間模様を描いていく。
出演は前作でこれまでとは全く違ったタイプの役柄サブを演じ、さらに役者としての評価を高めた萩原健一。
そして梅宮辰夫、田中絹代、桃井かおり、坂口良子、室田日出男、川谷拓三らお馴染みのメンバーに加えて、八千草薫、木之内みどり、志賀勝等、新しい顔ぶれが登場する。

【CAST】
萩原健一、桃井かおり、坂口良子、木之内みどり、室田日出男、川谷拓三、小松政夫、志賀勝、風吹ジュン、大滝秀治、梅宮辰夫、八千草薫 ほか

【STAFF】
脚本:倉本聰、市川森一、高階有吉、金子成人
監督:吉野洋、高井牧人
音楽:井上堯之、速水清司
制作:日本テレビ

【仕様】
8話収録 約360分
2層50GB

※本シリーズは、膨大なデータ容量を備えたブルーレイ・ディスクの特性を生かして長時間収録しています。(DVDのマスターテープを使用してリマスタリングしています。)

(C)NTV

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

倉本聰脚本、萩原健一主演による名作人情ドラマの第2シリーズ第1巻。下町の老舗料亭「川波」を舞台に、板前のサブや板前頭・秀治らお馴染みの面々による笑いあり涙あり恋ありの日々を、人情味豊かなタッチで綴る。第1話から第8話を収録。

前略おふくろ様 II Vol.1 [Blu-ray]

パート1は,DVDで持っています。しかし,やはりブルーレイが欲しかったので,迷わず購入。パート1ももっと安くなれば,買うのですが…
 パート1も面白いが、さらに面白いのがパート2。特に川波の女将・竹内かや役の八千草薫のキャラクターは面白い。板場にきては「ホラ、ホラ」といって何か言おうとするが言葉が出てこなかったり、すぐに「例えばね」と言ってたとえ話をするという具合。 他にも半妻が嫁と母親がテレビを観られないよう真空管を隠したり、サブとかやの娘・冬子の友人とのやりとりなど見どころは数えればキリがない。半妻のボヤキ「たまらんぜ」も出てくるなど倉本聰ワールド全開だ。脱サラどころか今さらであるが、これは永久保存版である。
第14話もう何度目だろう。倒産する会社の専務の自殺を軸にした話で秀逸の回。その専務役はなんとあの安藤昇。映像でも左頬の傷跡をしっかり映していた。初めて観たときは安藤昇のことを知らなかったが、どこか迫力のある素人みたいな俳優だなあと思った。しかし、二年前まで生きていたとは。。。今回は女将さんの八千草薫も人間の人情、意気な気持ちをいい感じで演じている。学校を退学することになった木之内みどりを励ます言葉も沁みる。そのときの木之内みどりの表情もいいなあ。遺書の中に日付が昭和52年1月21日であることがわかる。もう、41年前だ。なんとドラマの中でも東京は大雪で電車が止まっている。なんだかんだいって、そこだけは昔から変わらないんだなぁ。まあ、何年に一度来るかどうかもわからない自然現象への対応にかけるコストは無いことの証明だ。中盤には倒れたおばちゃんとおふくろ様のエピソードとかすみちゃんの出番、秀治の包丁の話、利夫の転落の話、そこに海ちゃんのこれからのドラマのさわりもからめて、連続ドラマの構成としては完璧。安藤昇の遺言の朗読とラストの政吉のセリフへのさぶの返しが心に沁みる。内容は決して明るいとは言えないが、何度観てもいい話だ。
パート1に比べ、辛口でダークなトーンになったが、それによって周囲の優しさや葛藤が顕著に見えるようになり、より一層深みを増した。今のドラマと比べると、何もかもが違いすぎて、この頃が日本のテレビドラマの頂点だったのかもと思ってしまう。こうした視点からの人間賛歌を書ける作家は、もう存在しないのだろうと悲観的になってしまう。役者に関しても同じで、どの役者も強い印象を残し、個性的で上手い。数十年ぶりに再鑑賞したが、前回以上に泣き笑い、再びハマってしまった。ショーケン、梅宮辰夫、川谷拓三、坂口良子、小松政夫、そして裏の主役とも言うべき桃井かおり。どの役者も素晴らしく愛おしい。音楽も何年たっても耳に残る。こんなドラマにはもう二度と出会えないだろう。星5つでも足りない。

コンクール
CONCOURS

各コンクールの結果&上位入賞者の動画を公開中

インタビュー
INTERVIEW

日本を代表するダンス業界人にインタビュー

ムービー
MOVIE

公演予告・教室案内などのダンス動画を掲載

ニュース & コラム
NEWS & COLUMN

最新のダンス情報、コラムはこちらから

SERVICE

株式会社ビデオ 事業紹介

株式会社ビデオは舞台撮影からパッケージ制作
までの全てを高い品質でお届けします。

舞台撮影から
パッケージ制作

おさらい会から発表会、公演、コンクールまで、内容・規模に関わらず撮影からパッケージ化まで承ります。撮影・編集内容等お客様のご要望に合わせた料金プランをご提案します。

プロモーション
ビデオ等の
映像制作

お客さまがお持ちの動画素材や撮影した映像を使い、プロモーション映像や公演予告など、様々な場面で使える良質な映像を制作します。

写真撮影
(オプションプラン)

舞台写真をはじめ、ポーズ写真、記念写真、プログラム用顔写真まで、幅広いシチュエーションの写真撮影に対応しております。

ホームページ
制作

撮影をご依頼されたお客様に限り低価格でホームページ制作を承ります。新しくホームページを持ちたい方やリニューアルを考えている方はご相談ください。