ノーコン 爆買い新作 キッド~ぼくらのゲーム史~ Blu-ray BOX 11867円 ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~ Blu-ray BOX DVD TVドラマ 日本のTVドラマ 11867円,BOX,/diapsid50889.html,DVD , TVドラマ , 日本のTVドラマ,Blu-ray,vlog.drruby.academy,ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~ 11867円,BOX,/diapsid50889.html,DVD , TVドラマ , 日本のTVドラマ,Blu-ray,vlog.drruby.academy,ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~ 11867円 ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~ Blu-ray BOX DVD TVドラマ 日本のTVドラマ ノーコン 爆買い新作 キッド~ぼくらのゲーム史~ Blu-ray BOX

ノーコン 爆買い新作 キッド~ぼくらのゲーム史~ 超人気 Blu-ray BOX

ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~ Blu-ray BOX

11867円

ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~ Blu-ray BOX

商品の説明

内容紹介

1983年から2013年までの30年間を実在のゲームを織り交ぜながら、毎回ドラマのテーマとなる当時のエポックメイキングなゲームが登場し、ストーリーにリンクしていくという全く新しいドラマです。

☆「ゼビウス」「パックマン」「ドラゴンクエストII悪霊の神々」「スーパーマリオブラザーズ」「バーチャファイタ-2」など珠玉のゲームがドラマに登場!
【協力ゲーム各社】アイレムソフトウェアエンジニアリング、SNKプレイモア、NEC、エンターブレイン、カプコン、ケイブ、KONAMI、シーエー・モバイル、スクウェア・エニックス、セイブ開発、セガ、ソニー・コンピュータエンタテインメント、タイトー、任天堂、バンダイナムコゲームス、ミリオン(五十音順)
☆豪華キャストamp;スタッフ陣が創りだす、日本が世界に誇る文化“ビデオゲーム"の歴史と同時に成長していく少年少女の物語!

【ストーリー】2013年。渡辺礼治(45)は、かつてゲームセンターを営んでいた実家を訪れ、親友の木戸や憧れの女性高野との出会いを思い出していた。
1983年、礼治の父親が実家で始めた「ゲームセンターわたなべ」には近所の子供たちはもちろん、仕事中のサラリーマンまで集まり大盛況。同級生の木戸(15)も毎日通い、小遣いの大半を遣ってゲームの腕を競っていた。
そんな中ゲームにはあまり興味のない礼治だったが、見たことのない美少女・高野がゲームをしている凛々しい姿を見て遅ればせながらゲームに手を伸ばし、ひょんなことから、木戸とゲームで対決することとなる…。
1983年~2013年。3人はゲームと出会い、楽しんで、人生のさまざまな壁にぶつかりながら、時には悩み、時には喜び成長していく。

【キャスト】田中圭、波瑠、浜野謙太、佐藤二朗 ほか

【スタッフ】○原案:佐藤大○監督:鈴村展弘、石田雄介、冨永昌敬、沖田修一、真利子哲也○脚本:佐藤大、石山英憲、上田誠、森ハヤシ、前田司郎

【封入特典】
■特製ブックレット「ノーコン・キッド必勝法」
■元電気グルーヴ砂原良徳による完全書下ろしサウンドトラックCD

【特典映像】
■撮影の舞台裏に潜入! ゲーセンわたなべ30年間の軌跡を描いたメイキングムービー
(ゲーム画面収録の様子やアーケードゲームの筐体セッティングにも密着! ドラマとゲーム史が交錯する現場の全記録!)
■キャストスペシャルムービー
(田中圭、波瑠、浜野謙太、佐藤二朗の独占インタビューに貴重なオフショットを交えたファン必見のムービー。ドラマ本編では見られないキャストの素の姿を収録!)
■シークレットゲスト特集
(本編でちらりと出演している豪華ゲストたちの収録現場、リハーサルやNGシーンに加えてインタビューも収録!)
■あなたの家庭で当時の懐かしゲーセンが蘇る!
(番組に登場する激レアゲーム画面を収録したゲーセン画面集)
■隠し特典映像「アメリカザリガニ平井善之のゲーセンわたなべ探訪リポート」
■番宣スポット集

※収録内容、特典等は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

田中圭主演、実在のゲームを織り交ぜながら描くゲームプレイヤーズ・ストーリーのBOX。実家がゲームセンターを営む礼治、親友の木戸、憧れの女性・高野の3人がゲームと出会い、人生の様々な壁にぶつかりながら成長する姿を描く。全12話を収録。

ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~ Blu-ray BOX

ノーコンキッド、90年代のゲームセンターをめぐる物語でした。ちょうど自分がその時代にゲーセンに通っていたのでよく理解できます。家庭の事情で、ドラマの最終回までのクライマックスをみれずに終わっていたのでまとめてみることができました。撮影の順番がドラマの進行とちがっていたことが今回よくわかりました。
私もテレビゲームが好きで時代をゲーム筐体と共に生きて来た者ですから、この作品は見ていて懐かしいもので一杯ですね。バッティングセンターのゲーセンやゲーセン喫茶やアップライト型の筐体が並ぶ商店街のおもちゃ屋などでよっちゃんの酢漬けイカなどや寒い冬はブタメンを食べながらゲーセンで遊んだ思い出で一杯蘇る作品ですね。
ドラクエ2のはまりっぶりの描写は最高ですね!長いパスワード間違えるとかあるある話だと思います。バーチャとか格闘ゲームが流行り、一人ゲームがないがしろにされた時代もありましたね!今のゲーセンはUFOキャッチャーやプリクラばかりで、すでにゲーセンとは呼べません!田中圭とか波瑠とか今絶頂期にある役者さんが演じているのも良いですね!近所にたくさんゲーセン有りましたが今はほとんど潰れて、あるのはショッピングモールにあるゲームコーナーだけで残念です。昔はゲーセンに行くと、「あいつまた来てるよ」みたいな常連さんがいましたね。ぜひ続編をやってほしいです!勇者よしひこが続編やっているのだからこれもやっておかしくない!けど、波瑠は忙しいから出てくれないのかな?
ゲームセンターが栄えていた1983年から始まり、ゲームソフトの進化とともに主人公の成長を描いていく話。「ゼビウス」「ドルアーガの塔」「ドラクエ」シリーズなど、初期のゲームソフトの盛り上がりを知っている人にはぐっと来る世界観で服装や髪形、車や街並みに関しても当時を再現しているのが素晴らしい。1話30分と、ドラマにしては短いがキャラクターにしっかりと魅力があり、その都度違ったテーマで楽しませてくれる。毎回いちいち見せられる2013年のシーンはやや蛇足に感じるが、ゲームソフトとうまく絡めたストーリー展開が面白い。その時代ごとに話題になったゲームをきっちり押さえてくる。ただ、7話あたりから中身が薄くなり、あまり面白味を感じないようになってしまった。

WHAT'S NEW

新着情報

他の男と楽しそうにしないで…男性が嫉妬する瞬間4つ

「嫉妬」と聞くと、女性がするイメージを持つ人の方が多いのではないでしょうか? しかし、気...

彼が『隠れダメ男』⁉ ハマる前に確認したい8つのチェックポイント

幸せな恋愛をしたい方こそ、ダメ男かどうかチェックするポイントを押さえましょう! 一緒にい...


'); // spnav State var menuState = false; var searchState = false; // spnav button scroll $(function() { $(window).scroll(function(){ var scrollcnt = $(document).scrollTop(); if(scrollcnt >= 133) { $('.header-nav').removeClass('header-nav_static'); } else { $('.header-nav').addClass('header-nav_static'); } }); }); // Slick $(document).ready(function(){ $('.categorySlider').slick({ infinite: false, swipeToSlide: true, variableWidth: true }); });