名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線,DVD , 日本映画 , ドキュメンタリー,vlog.drruby.academy,2621円,往復,豊田市~赤池~上小田井,[Blu-ray],/chloroplatinite1865145.html,往復 2621円 名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線 往復 豊田市~赤池~上小田井 往復 [Blu-ray] DVD 日本映画 ドキュメンタリー 名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線,DVD , 日本映画 , ドキュメンタリー,vlog.drruby.academy,2621円,往復,豊田市~赤池~上小田井,[Blu-ray],/chloroplatinite1865145.html,往復 名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線 往復 《週末限定タイムセール》 Blu-ray 豊田市~赤池~上小田井 2621円 名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線 往復 豊田市~赤池~上小田井 往復 [Blu-ray] DVD 日本映画 ドキュメンタリー 名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線 往復 《週末限定タイムセール》 Blu-ray 豊田市~赤池~上小田井

名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線 往復 《週末限定タイムセール》 Blu-ray 豊田市~赤池~上小田井 卓出

名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線 往復 豊田市~赤池~上小田井 往復 [Blu-ray]

2621円

名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線 往復 豊田市~赤池~上小田井 往復 [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

豊田市と上小田井を名鉄と名市交で結ぶ直通路線でお互いの車両を乗り比べ!

名古屋市営地下鉄鶴舞線と直通運転を行う名鉄豊田線は、丘陵地帯の地形に合わせた路線で、高架だけでなく掘割やトンネル、地下などバラエティに富んだ風景が楽しめる。
往路は、名古屋市営地下鉄が所有するN3000形に乗車。各駅停車の普通列車は、上小田井までの道のりを約1時間かけ走ってゆく。
豊田市から高架区間を走り始め、のどかな街並みを駆け抜ける。日進を過ぎ地下に入ると赤池へ。ここで名鉄の乗務員から交通局の乗務員に交代し、鶴舞線に入っていく。鶴舞線はそのほとんどが地下区間。
また、上小田井からの復路では、名鉄100系で豊田市を目指す。

■撮影日
2015年1月28日 晴れ

■乗車列車【往路】
豊田市発上小田井行き 1033列車 名古屋市営地下鉄N3000系
←上小田井 N3801・N3701・N3401・N3301・N3201・N3101 豊田市→

■乗車列車【復路】
上小田井発豊田市行き 1236列車 名鉄100系
←上小田井 141・131・161・151・121・111 豊田市→

■ブルーレイ映像特典

名鉄 豊田線amp;名古屋市営地下鉄 鶴舞線 走行シーン集

名古屋鉄道株式会社商品化許諾済/名古屋市交通局商品化許諾済

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

愛知県を走る名鉄豊田線と名古屋市営地下鉄鶴舞線の展望映像。豊田市駅を出発した車両は高架区間を走り、のどかな街並みを抜けていく。地下に入ると鶴舞線へ。時折現れる地上の風景を堪能しながら上小田井駅を目指す。同区間の往復の展望が楽しめる。

名鉄豊田線名古屋市営地下鉄鶴舞線 往復 豊田市~赤池~上小田井 往復 [Blu-ray]

前作(東山線amp;桜通線)同様、作品の良し悪しというよりも、地下鉄の展望作品ということで、どうしても好き嫌いの別れる作品であるが故の星三つであり、私自身は結構満足してます。豊田線内は、かなりスピード感のある走りが楽しめます。また天候にも恵まれ、鶴舞線内も比較的クリアに見渡せます。ただ復路(名鉄100系)は、車両の古さもあってか、窓のくすみが若干感じられます。車内放送は良く聴こえますが、運転士の喚呼は、多少ハッキリしない所もあります。ターミナル駅である名古屋・金山や、繁華街・栄を通らないため、あまり派手さのある路線ではありませんが、沿線に大学や高校が多数点在するため、とても学生さんの多い路線です。
名鉄豊田線と名市交鶴舞線の映像時間の割合は名鉄豊田線が約20分、名市交鶴舞線が約40分です。地下鉄の展望映像製品であるが故、往路共に40分間はトンネル内映像になります。そして、鶴舞線内はカーブが多く、駅間が短いのでスピード感はあまりありません。マニアックな意見になりますが、路線の性質としてアップダウンが激しいことが列車のヘッドライトから確認が出来、これが意外と面白く感じました。製品情報では名市交で4編成のN3000系ですが往路の大須観音駅内では、さらに少ない一編成のみの3050系と3000系の混結編成とすれ違います。N3000系の置き換えが進むといつ廃車されてもおかしくない珍編成を撮れたことは貴重と考えます。また、PVにも映っていますが赤池駅到着直前には名市交の日進の車庫で整備が終わり回送を待つ桜通線車両を撮れたことも貴重だと思います。(故に、往路の丸の内駅侵入直前に画面向かって左側に目を凝らせば見える鶴舞線と桜通線を繋ぐ丸の内駅連絡線の展望を特典映像で期待してましたが叶わずでした。)そして、名鉄豊田線。駅間が長く、名鉄と名市交の社局の車両が俊足ぶりを発揮し、商品説明にある“社局の車両の乗り比べ”による違いを顕著に感じた区間です。地下鉄線だとヘッドライトの違いによるトンネルの見え方の違いとモーター音の違いくらいでした。(名鉄豊田線開業当初から走っている名鉄100系一次車は音に年季を感じます。)俊足ぶりを発揮する場合、加速の違いが顕れるのはもちろんですが、意外だったのは名市交のN3000系の横揺れが名鉄100系と比べて激しかったこと。名鉄100系はそれほど揺れなかったように感じました。そして、名鉄の展望製品では水垢がつきものなのでしょうか。上小田井出発時点から怪しく、トンネルに入る瞬間に見える水垢。上豊田駅を過ぎると再びチラチラ見えだして梅坪駅到着時と豊田市到着時は結構はっきり見えます。ビコム製品の犬山線上り、下りでは特急とミュースカイで通過していた上小田井からの鶴舞線の展望映像はとても楽しめました。往路は営業運転では入らない、上小田井駅の引き込み線に入るまでの展望が観れたことはとても良かったです。星一つ減点なのは、名鉄車両で梅坪から豊田市の間で水垢が気になったことと往路で入庫が見えた分、復路の出庫展望映像の期待が高まってたところが収録されていなかったことが理由です。
半分が地上の名鉄豊田線、もう半分が地下の名古屋市営地下鉄鶴舞線という内容で、計1時間である。これで往復収録、全て再生すると2時間の内容になる。上小田井行きの列車が名古屋市営地下鉄の車両、帰りの豊田市行きが名鉄の車両となっている。途中踏切が一つもないのが特徴で、そのため視覚的に外部の車の危険を気にすることない鑑賞感がある。全て各駅停車だが、名鉄豊田線内はスピードも速く、一定の快さがある。また両方の車両の収録とも静かな業務員室からの撮影となり(もちろん歓呼は入っている)、新型車両に乗った実感を強くする。地下鉄線内もしっかり明かりをキャッチしており、真っ暗になってしまうことはない。欲を言えば、上小田井駅の引き込み線入線の全面展望も撮ってほしかった・・・地下鉄作品といえば、全線地下でちょっと退屈してしまう人も出てくるはずだが、この作品は地上と地下が半々で収録されており、風景の変化を味わうことができる。旅感覚で見ても退屈しない内容だろう

新着マニュアルページ一覧