体重など多項指標,薄型,1246円,USB充電式,高精度,vlog.drruby.academy,ホーム&キッチン , 家電 , 健康家電,ヘルスメーター,/blog-date-201902.html,180kgまで対応(日本語対応APP日本語取扱説明書),体重計,体組成計,スマホ連動,強化ガラス採用,ボディスケール,スマホでデータ管理,Bluetooth対応,体脂肪計 1246円 体重計 体組成計 スマホ連動 USB充電式 体脂肪計 ヘルスメーター 高精度 強化ガラス採用 薄型 体重など多項指標 Bluetooth対応 スマホでデータ管理 ボディスケール 180kgまで対応(日本語対応APP日本語取扱説明書) ホーム&キッチン 家電 健康家電 体重など多項指標,薄型,1246円,USB充電式,高精度,vlog.drruby.academy,ホーム&キッチン , 家電 , 健康家電,ヘルスメーター,/blog-date-201902.html,180kgまで対応(日本語対応APP日本語取扱説明書),体重計,体組成計,スマホ連動,強化ガラス採用,ボディスケール,スマホでデータ管理,Bluetooth対応,体脂肪計 体重計 体組成計 スマホ連動 USB充電式 体脂肪計 ヘルスメーター 高精度 強化ガラス採用 ボディスケール 180kgまで対応 Bluetooth対応 薄型 超目玉 スマホでデータ管理 体重など多項指標 日本語対応APP日本語取扱説明書 1246円 体重計 体組成計 スマホ連動 USB充電式 体脂肪計 ヘルスメーター 高精度 強化ガラス採用 薄型 体重など多項指標 Bluetooth対応 スマホでデータ管理 ボディスケール 180kgまで対応(日本語対応APP日本語取扱説明書) ホーム&キッチン 家電 健康家電 体重計 体組成計 スマホ連動 USB充電式 体脂肪計 ヘルスメーター 高精度 強化ガラス採用 ボディスケール 180kgまで対応 Bluetooth対応 薄型 超目玉 スマホでデータ管理 体重など多項指標 日本語対応APP日本語取扱説明書

体重計 体組成計 スマホ連動 USB充電式 体脂肪計 ヘルスメーター 高精度 強化ガラス採用 ボディスケール 180kgまで対応 Bluetooth対応 正規店 薄型 超目玉 スマホでデータ管理 体重など多項指標 日本語対応APP日本語取扱説明書

体重計 体組成計 スマホ連動 USB充電式 体脂肪計 ヘルスメーター 高精度 強化ガラス採用 薄型 体重など多項指標 Bluetooth対応 スマホでデータ管理 ボディスケール 180kgまで対応(日本語対応APP日本語取扱説明書)

1246円

体重計 体組成計 スマホ連動 USB充電式 体脂肪計 ヘルスメーター 高精度 強化ガラス採用 薄型 体重など多項指標 Bluetooth対応 スマホでデータ管理 ボディスケール 180kgまで対応(日本語対応APP日本語取扱説明書)


商品の説明

Gifort 体組成計 体調を細かなところまで知る
専用アプリで体内の数値を完全データ化
家族みんな一台で毎日健康管理に
専門アプリ「Fitdays」で スマホにデータ同期可能

体重計使用上のご注意

1. 体重計本体は体重のみ表示する仕様です。測定完了した後、他のデータはスマホアプリでご確認ください。

2. 初回のご利用、立てかけ収納等の場合は数値誤差が出る可能性があり、こちら3つのステップで本体に生じた数値誤差が自動補正します。 ①重力を与えて起動させる → ②オートゼロを待つ → ③体重計測を始める

3. デジタル体重計には圧力を感知し体重を測定する仕組みとなりますので、カーペットなどを避け、必ず固く平らな床の上でご利用ください。※※硬く平らな所で使わないと、計測の精度に影響し、正しい体重の測定ができません。

体重計 体組成計 スマホ連動 USB充電式 体脂肪計 ヘルスメーター 高精度 強化ガラス採用 薄型 体重など多項指標 Bluetooth対応 スマホでデータ管理 ボディスケール 180kgまで対応(日本語対応APP日本語取扱説明書)

体重計が壊れたので新しい体重計色々を探していた所この体重計を見てデザインもよくて、 スマホに繋る体重計は今まで見た事が無かったから興味を持ちました。。商品が到着して携帯にアプリを入れてすぐに使用できました、満タン充電で充電することなく体重計に乗ったらすぐ携帯に連携出来今まで体重だけ計っていたのが BMI 体脂肪率 皮下脂肪 内臓脂肪 筋肉の重さ タンパク質 骨量 基礎代謝 体内年齢 体水分率 など色々測定出来毎日体重計に乗るのが楽しみになって来ました。この値段でこれだけの事が出来るとは思っていなかったから本当に購入して良かったと思います。。
USB充電って事で購入したら差し込み口が奥に入り込み過ぎてて刺さらん!!!怒!すぐさま返品手続きをしたいと思います!!!
数回の体重測定の結果、アナログ式を0とした場合、以前使用していた通信機能のないタニタの体組成計では1kgアップ、今回購入の体組成計では2kgアップでした。デジタル機器の誤差に少々驚きました。ゼロリセットを行って計測しましたが、他に何か調整する方法はわかりません。誤差を想定できれば問題なく使えると思い、ダイエットにはいいかもしれません。今はコスパは良いと思います。半年くらい使ってから、また評価したいですね。
6年前に買ったオムロンの体組成計の電源が入らなくなったので買い替え。壊れたのはスマホ連動モデルでしたが、スマホアプリを起動して、体組成計を転送モードにして…と面倒なことこの上なく、アプリサービスの迷走もあって全くスマホ連携は使っていませんでした。それで、今回はスマホ連携の使いやすさを主軸に選ぶことに。候補に残ったのはWithingsのBody Cardio(最上級モデルなのは、流石に最小分解能が0.2kgなのは嫌なので)と、こちらの体重計。WithingsはWiFi連携のためスマホがなくてもクラウドサービスにデータを送れるらしいというのが何より高評価でしたが、値段がこの製品と8倍違うということで、流石にこちらの体組成計にしました。こちらの体組成計はBluetooth連携のため、スマホアプリを起動してから体重を測る必要があります。その点はWithingsよりもマイナス。しかし、本体を転送モードにする必要はなく、アプリ起動後は体重計に乗るだけで測定データが自動的に連携されるのはだいぶ楽。また、iPhoneでヘルスケアアプリへのデータ連携をアプリに許可しておけば、測定データは自動的にヘルスケアアプリにも渡されてそこでも確認できる(日本語の多少怪しい専用アプリでグラフを見なくとも良い)のも便利で、かつ、将来的に体組成計を他社製品に乗り換えてもAppleがギブアップしない限りは記録が一元管理できるだろうと思えば、値段を考えとても良い買い物だったと言えそうです。乾電池ではなくUSB充電なのも今時で良いですが、充電端子が今更microUSBなのと、表示用の赤色7セグLEDが昭和レトロ風で安っぽいため星1つ減点、星4つ。